悲しみのなかにいる方へ

大切なあの子とのお別れは、とても悲しいですね。

自分の半身を失ったような痛みを感じ、何も手につかず、食事ものどを通らないかもしれません。

この気持ちを抱えて、これからどう過ごしていけばよいのでしょうか。

多くの飼主さんは、いつまでも悲しんでいてはいけない、と気持ちを無理に押し殺したり、

こんなに長い間立ち直れない自分はおかしいのではないか、と悩んだりしています。

時には、周囲からそう言われてしまうことがあるかもしれません。

ですが、あせらなくていいんですよ。

大切な家族を失ったのですから、悲しくて当然です。

無理やり気持ちを押し殺すと、逆に悲しみを長引かせてしまうことがあります。

立ち直りをあせらず、ゆっくりとご自分のペースで進んでゆきましょう。

「ペットロス対処法5ヵ条」を参考にしてくださいね。

~ペットロス対処法5ヵ条~

  1. 悲しみを押し殺さず、素直に出す
  2. 早く立ち直ろうと、がんばらない
  3. 無理がない程度の作業をする
  4. 悲しみをわかってくれる人に思いを話す
  5. 周囲の無理解や偏見を気にかけない

            (日本ペットロス協会HPより)

最近の記事

  1. ペットロス茶話会のご案内

  2. 「ごめんね」と「ありがとう」

  3. 悲しみのなかにいる方へ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP