ペットロス相談のながれ

ペットロス相談では、飼主さまに今のお気持ちを自由にお話しいただきます。

過去の相談をご紹介します。

*モモちゃん(コザクラインコ、10歳6ヶ月、オス)を亡くされた飼主さま

【初回】

 最初に自己紹介、飼主さまの近況やご家族*のこと、亡くされたペットとの出会いから別れまで、お話をお聴きしました。ペットのお写真と看護の記録ノート、思い出の品として、きれいな羽を見せていただきました。(*ご家族や同居ペットの様子もお聴きしています)

【2回目】

 初回に続き、「この時はこんなことがあって・・・」「ここがお気に入りの場所で・・・」と、たくさんのエピソードや、「モモちゃんが自分にとってどんな存在だったか」「どんなに大切にしていたか」、飼主さんの想いをお聴きしました。次回は、お写真と羽を使って「フォトフレーム」を作ることになりました。

【3回目】

 完成したフォトフレームはこちらです。

たくさんお持ちいただいた写真は、どれも想い出深いので、決めるまでに時間がかかりました。

 「月命日に間に合うように」「気に入っている羽を使いたい」「モモちゃんに似合うお花の色を選びたい」など、手仕事中にも、たくさんお話しくださいました。

【その後】

 モモちゃんの飼主さまは、ここでいったん終了となりました。

H様、モモちゃん、お写真とエピソードの掲載をご了承いただき、ありがとうございました。

ご相談の回数や内容は、飼主さまと相談して決めていきます。

お気持ちが落ち着かれるまで、定期的に通われる方もいらっしゃいます。

様々なお別れがあります。事故や迷子での喪失のご相談もお受けしています。

関連記事

最近の記事

  1. ペットロス茶話会のご案内

  2. 「ごめんね」と「ありがとう」

  3. 悲しみのなかにいる方へ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP